スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスが 

ストレスがたまるとすぐに胃腸がに来るんですよねぇ(;´_ノ`)
ちびまるこちゃんのヤマネ君みたいですね。

学校始まったからってのもあるだろうし、その他のことも。
学校はなんですかねぇ。隣に女子座るとダメっすね。女慣れてないので。
後はいっつまでも話してるやつ(;´_ノ`)
だまれっつーの。こっちは雑誌読んでるのに非常に邪魔だ。うるさいから寝れもしないし。え?勉強しろって?板書や先生の言う重要事項くらいはメモするようになりましたよ。まぁたぶんそんくらいやれば大体の単位は取れるでしょう。ほとんど共通科目の大人数の講義だしね。

あぁ、はらいて

しかし、学校のおかげで雑誌や参考書、理論本など読む時間が増えて感覚的なものじゃなく頭で理解することができそうです。
いくら音楽が感覚的なものだと言ってもそこにはいろいろ隠された理論や工夫が生じてるんだし、それを知ったところですごい曲が作れるわけじゃないけどすごい曲を作る一つのポイントにはなります。
一個覚えれば一個使えるようになるわけじゃないけど、知らなければ一生使えないまま、感覚的に何気に身に着けたものは一度忘れると思い出すのも容易ではないと思います。普段あまり本を読まないし、文字を読むのはそこまで好きではない…というか嫌いなのでメンタル面にダメージ与えてるの原因の一つかもしれませんが、一度読んでメモなり印しとくなりして後でいつでも読み返せるようにすりゃいいんだしね。
今はがんばる時だと思ってがんばってます。

教習所に言ってキャンセル待ちの予約をとったままで本を読んだり~なんてこともやろうと思ってます。
昨日はカズがいたので一緒にいろいろ話してましたけどね。
彼もバイトと教習掛け持ちの状態なので毎回いるわけじゃないし、もうすぐ彼の大学も夏休みが終わるので一人で教習所にいる時間が増えるだろうな、なんて。

精進精進。
メジャースケールのみの楽曲ばかりじゃあきちゃうしね。
最近は地味に音足したりしてましたけど、感覚的だし足りない知識が多いかと。
俺は生まれ持って音楽の才能があるわけじゃないから感覚自体もすごい乏しいんですよね。実際言っちゃうと(;´_ノ`)
中学くらいの時は歌も今よりすごく下手で、音程なんて取れない状態だった。
もちろんギターも弾けないし楽譜すら読めなかった。
音楽を聞くとき低音を細かく聞き取る力なんて無かったしリズム感もなかった。
今、やっと表面部分が塗り固められたって感じかな。
放っておくとぼろぼろとはがれちゃいそうなくらい薄い装甲。

作曲を始めて、やっと二年半。
DTMをはじめてそろそろ半年か。
DTM暦7年とかそんな人がごろごろ転がってる世界の中でたったこれだけの短期間で生きていくのはすごいプレッシャーかかってる。
バンドのメンバーとかいればアイデアはそれぞれ個々の個性があり一つの曲を作った時でも完全に一人だけの力じゃないと感じた。
でも今は違う。
とてつもなくうまいギタリスト、ベーシスト、ドラマーにピアニスト、それぞれが作るフレーズ。それを個々が目指してやるんじゃなくて俺自身が目指さなきゃいけない。
甘いもんじゃないとわかってる。
そんな簡単で誰でもできるようなものなんなら音楽なんてとっくにやめてるよ。
どんな小さな知識でも蓄えたいって思う。
今はそのくらい必死なんだ。

いっぱいいっぱいになってもメリハリはつけて集中しようと思ってる。
洗濯や食器洗わなかったら大変だしね。
教習だっていかなきゃいけない。

正直むちゃくちゃ疲れてる。
学校始まって生活リズムを無理に戻したのもあるだろうし
1H30分も椅子に座ってるのが結構だるい。

後、俺は今は少なくともバンドマンじゃないんだ。
その辺はわきまえて話しかけてほしかった。
それなりに若い年のやつが音楽やってたら全部バンドだろみたいな言い方もやめてほしいし、勝手に音楽のジャンルを脳内で決め付けて話しかけるのもNGだろ。
正直今のポピュラー音楽は2割くらいしかしらんよ。
バラードやロックに興味はあってもヒップホップやラップはメロディがの変化が乏しいからあまり好きじゃないし、やっぱ生理的に嫌いなアーティストだっている。食わず嫌いなわけじゃなく聞いて理由があるから嫌いなだけね。

んで次。
大体昨日のアレで話もしたけど
早かれ遅かれ人は忘れる生き物なんだ。
だから俺ももう深くは考えない。
リセットして、今までと同じように生きるよ。
小さな事ひっかかって生きるよかマシだろ。
これも逃げてるのかもしれないけどごめんな。

なんだろ。
結局、何が言いたいのかっていうと。
胃腸が痛いってこと。

さて、学校いって教習いってきますかね。

------------
DTM関連書をお探しの方へ

「解説書とかは何を読んでいるのですか?」という質問がきたので今読んでいる本をご紹介します。

ミキシングについては10月号のサウンドデザイナーがわかり易くてかなり勉強になります。パート別のフェーダーの設定やコンプのコツやEQの周波数、2ミックスの場合も解説があります。後はマスタートラックにかける場合の解説も載っているので非常にわかりやすいですよ。
一度読んでみてはどうでしょうか。

エフェクトについては「エンジニア直伝!エフェクト・テクニック基礎講座」がわかりやすい解説をしています。
一般的なほとんどのエフェクトに対する解説+多用するリバーブ、コンプレッサー、イコライザーに音に一味加えるディストーションについて例をあげながらわかり安い解説が書かれてあります。
CDも付属で耳での確認も可能です。

そのうちホームページにでもまとめてみようと思ってます。

スポンサーサイト

コメント

やまね君('A`)
教習中にサザエさんでも歌っとけw
そしたら教官も共感をもってくれる(寒い

美咲>おま。教習中に笑い出したらどうするんだ。
やべぇ。思い出し笑いしそうで怖い(;´_ノ`)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/117-c787ac16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。