スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLstudio到着 

一回書いたら更新前にロストしてしまったOrz
書き直し~(メンドクセ

051119_1114~01.jpg


FLsutdio届きました。
早速いろいろいじってます。

教則DVDは基礎的要素を軽く教えてくれるので一度見てしまえばもう曲が作れる状態です。

細かいことは自分で学んでいくしかないんですが…なんたって完全英語版。一応日本語版だったんだけど(そのつもりなかった)99.98%英語です。日本語なのはマニュアルとかかな。

FLの使い方を英語でしるしたプロジェクトを開きながら英語は読まずにプロジェクト内をいじくり回して学んでいってます。

□SSW→FL 良く感じた点
音ですね。弄り易いし元の音もすごくいい。
DAWの問題じゃなくてシンセの問題ですが(笑

フィルター。エフェクトの点。
これはほんっとに最高です。SSWのエフェクトは正直乏しいです。
俺がいじりきってないのかもしれませんがフィルターの周波数をイベントエディタに載せていじったものをパターンとして扱える。
こんなのおもしろすぎです(´ρ`)
まだ使ってはいませんが発見してめっちゃ好きになりました。

なんといってもとっつき安いです。音ネタを作りながらそのまま曲を作っていけるのでほんっと楽しいです。音ネタを作るにしても作りやすくSSWのようなめんどくさい感がまったくないです。
まぁこれは個人的な問題ですけど。FLの作曲方法はかなり向いているんじゃないかと。

名前忘れたけど外人やロボットに言葉をしゃべらせるシンセが入ってます(笑
これはすげぇおもしろいです。昔から外人が日本語しゃべるのがどうも笑える修正でして…悪い意味じゃないっすよ。
ほら、よくネットでそういうネタのFlashとかあるじゃないっすかああいうの。
「ちょっとそこ通りますよ」ってしゃべらせてビブリオに送ったら爆笑してました。そのまま曲にしちゃったし(笑
いわばこのくらいお手軽です(笑

□SSW→FL 悪く感じた点
悪くというかこれからなれるべき点ですね。

パターンを構成していくという作曲方法です。
良い点でもあるけど悪い点でもあります。操作の問題。
まだうまく扱えないので少々慣れていく必要がありますね。

細かい変化をつける点。
これも慣れれば解消されます。パターンの長さをそれ相応に合わせて細かく変化をつけたメロまで全部を一つのパターンとして扱えば問題ないわけです。
ピアノロールすら初めてなもんでまだまだもたついてます(’’;
なれたら問題ないですね^^
ピアノロールでもベロシティをいじりやすく同じ強さで引き続けるなんて言うしょぼい事にはならないので(笑

ミキサーの点。
表示が小さいです。見慣れてないから見えにくいと感じるのかも。
SSWもミキサーはあまり好きではなかったですね。
ミキサーの面ではミュークリが一番よかったですCakewalk(つづりあってんのか)製品がミキサーはいいかもですね。

最後に


FLStudioは音楽理論なんかいりません。もちろん楽器も弾けなくてOKです。ただ自分がこうしたいって思うように音ネタを作って組み立てていけばできます。
音のパズルです。
誰でも楽しめるソフトだと思うので少し時間とお金に余裕がある人がいれば是非音楽を始めるきっかけにして欲しいと思います^^
FLユーザーがあまり日本には多くないようなのでもっと沢山の人にこのソフトの楽しさを知って欲しいです。
FL使いが増えたら音ネタ公開し合ったりして楽しみたいなって思ってます(^^*

SSWやSONAR、CubaseなどのDAWは作曲家じゃないと少々きついものがあるかもしれませんし価格的にもとっつきにくいです。
FLやACIDは作曲能力が無い人も全然問題なく使えます。ACIDについては音ネタをCDなどで蓄えておかないといけないですけど(’’;
時代が進化してきて沢山の人がいろいろな事に挑戦できる時代になりました。今外でだらだら遊んで暇だーって駅にたむろする暇があるんならFL買って曲組み立てることをオススメしますよ(笑

スポンサーサイト

コメント

少し休憩しませんか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/203-887c32ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。