スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が出た日。祝日の午後 

愛する事と。
愛されること。

命とは何か

ゲイの人のブログです。
なんだかんだ、ゲイって聞くと偏見から差別意識や冗談で使ったりしてますけど、俺は実際否定はしません。
人を愛する気持ちが同姓間にあってもそれを否定する権利は僕たちには無いんじゃないかと。

http://together.exblog.jp/3412691/

前置きはいいとして。なんかすごく幸せなんだろうなって思えました。
彼は自分の恋人のために検査を受けて恋人も彼が検査で陽性であっても受け入れることを約束してくれた。
こんな風に人を愛することってどれだけ大変でどれだけ幸せな事なんだろうって。

HIV感染者およびエイズ患者に男性の同性愛者が多いのは事実です。その理由は性行為により接触する場所が細胞が脆く出血しやすい事にあります。
ですが、自分は男じゃないしとか、自分は同性愛者じゃないしって事でHIVの可能性が無いわけでもないです。
俺が悩んでいるように。

数ある先進国の中で日本はHIV感染者、エイズ患者の増加率多い国です。そして今も右肩あがりにその数は増え続けています。
その理由について自分なりの考えですが。

セックスすることがカッコイイと思っている子供が多い事がもっともな理由だと思われます。
正直、俺自身もそうでした。
高校時代、つるんでたやつらの中でも割と早くセックスしたので何気に優越感もありましたし、どういうものか話した事もあります。

こういう世間の流れは決して子供が悪いわけじゃありません。
日本全体がそういう雰囲気を持っています。

性を取り入れたメディアの多い事。
HIV、エイズ、それらを取り入れた性教育の中途半端な内容。
中学、高校の自由すぎる教育と休みが多すぎる学校生活。

実際の今の高校や中学は勉強する場所じゃなく、友達や恋人を探す場所と化しています。(大学についても言えなくもありませんが、こちらは本気で専門的な勉強のために行ってる人がいるので一概にそういうのは問題かと)
正直自分も同じでした。中学は特にね。

何を変えたら日本は変われるのか。
俺らの世代の人間じゃわかりません。
俺らが生きた時代はすでにそうなってたから。
でも、俺らが変えなくては何も変わらないんです。
完全に大人になってしまう前に、何かできることを見つけて全力を尽くさないと。この状況は変わりません。

現在のHIVへの治療は進んでます。
いろいろな面でいろいろな方法が試されています。
ワニはHIVを死滅させる免疫力があるとか、これは人には強すぎて現段階では使えないみたいですが、希望はあるんじゃないかと。
ロンドンでは人免疫不全ウィルスであるHIVを人が自己治癒力で治した例もあります。

中途半端な性教育と、子供が性行為を覚える早さ。
調べていて驚いたことは女子高生および中学生の援助交際の多さ。
ロリコン傾向が強くなった社会問題です。

こういうの見ると不景気が何も関係ないと言うわけにはいかないですよね。
お金が無いから体を売る。
高校や中学なんてお金ほしい世代ですしね。

彼女達がそういう経路で感染する可能性があるって事を理解しきってないと、彼氏に感染し、若気の至りで浮気もするだろうし別れることだってある。
そういう風に感染する例は何も稀な事ではありません。
というか若者に移るケースはこういう感染ルートはかなりメジャーなものになってるんじゃないかと。悪魔でも推測ですが。

来週あたりに検査に行こうと思います。
学校とかもあるので完璧に行けるかはわかりません。保健所も今日は祝日で電話できないので聞けませんし。
正直怖いです。
可能性のある危険な行為(風俗や避妊具無しの性行為)をしている人に言わせれば俺なんか心配するに値しない人間になるのかもしれませんが。
何が怖いかって、人に移してしまってる可能性があること。
自分がなっているのはもう仕方ないと思います。その時の自分はそれが間違っていないと思ったからしたこと。後悔することじゃないかと。
ただ、移していたとしたら、どうすりゃいいのかって。
好きでもなくて、もう別れて会わないような人に移してたとしたら、変な言い方、どうでもいい、かもしれません。
あいつだけには移してたくないって、本気で思う人がいます。

怖いし、一生負い目を背負って生きなきゃいけなくなるかもしれない。
言える奴には言おうと思う。というか相談に乗ってくれた人はたくさんいるし、言わなきゃいけないんだって思う。
それが理由で友達が減るかもしれない。

けれど受けるべきだと。
人を一人でも救えるようになるには自分がどうであるか知らなきゃいけない。

書いてるうちに怖くなってきたな…。
陰性である事を祈ろう。

スポンサーサイト

コメント

何が怖いかって、人に移してしまってる可能性があること。
共感しました

でも自分はもしなったら友達に言えないと思う…知られるのが怖い

Rabbitさん>友達全員になんて俺もいえないと思います。差別のある病気であることに変わりないですし、言う必要の無い人には言わないに越したことは無いと思います。変な壁ができちゃいますし。

相談に乗ってくれた友達には言うべきじゃないかなって思うんです。
うそついて陰性だったって言うのも自分が苦しいだけだし。
きっと一人の考えで行こうって思えないと思うんですよ。
それだけ強い人なら悩んだりしないだろうし。
誰かに相談すると思うんです。きちんとわかってくれる人…恋人なり友達なり。

俺には医療関係の学校に行く女の友達がいます。こういう話は誰にでもできるってわけじゃないし;
彼女に相談するとそれなりに安心できるし知識もあるので気遣いなく相談できます。相談ばっかで迷惑かけてばかりなんですけどね…。
後はバンドのボーカルに。

読んでいただきありがとうございました^^

ちょっと講義で聞いた程度ですが、援助交際とか裏風俗でHIVに感染した人は、まず人に感染そうとすることが多いらしいそうです。
道連れと言うと言葉が悪いですが、「一人じゃ怖いから」といった不安(パニック症状を含む)心理が働くようですね。
貧困や売春、同性愛など、HIVをとりまく問題は非常に複雑だと思われていますが、少なくとも日本に限れば十分に増加を阻止できる状況にあると思います。
行政まかせにするのではなく、自分たちで声を上げていきたいですね。

どるさん>誰かにうつそうとするってのは俺も聞いたことがあります。
水谷先生(夜回り先生)とあいちゃんの話でも同じ心理が働いたのか、あいちゃんがそういう行動をとってますよね…。

自分たちでなんとかしていきたいって、自分が感染してるかしてないか関係なしで俺もそう思います。
どるさんがそう言ってくれるとなんかホッとしますよ。俺が情緒不安定な日記書いたりするといつもコメントくれて。その言葉に元気づけられて。
本当、感謝してます。
全力尽くして今を生きようと思います。自分に何ができるのかを本気で考えながら…。

水谷先生は自分の心の師です。
リスカとかは高校のときに相手したし、ある程度の勉強もしてるからわかるけど、さすがにHIVは詳しくない(´・ω・)
でも、知らないからっていうのは言い訳にならないよね。
きちんと勉強しなきゃなぁ…

どるさん>勉強しすぎたらノイローゼになってしまう俺はもう('ω`)…。
水谷先生の本は全部読んだわけでは無いのでいろいろ読んでみようと思ってます^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/206-ecd9b887

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。