スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道が人を殺している気がする。 

連続しての女児殺害事件。
今回は衣服を身に着けていなかった。と。

行き過ぎた報道が人を殺している気がする。
果たして、一般人に女児殺害の情報が必要なのかと考える。
答えは否。

女児、いや人間が殺害されたことが明日自分が生きていく上で必要な人がいますか?
いませんよね。

行き過ぎた報道で触発された犯罪者が犯罪を犯すんじゃないかと、俺は思う。
別に犯罪心理学を学んでいるわけじゃないので個人的な意見ですが。

報道と警察の警備がつりあってないんじゃないかとも考えた。
ニュースキャスターが「ショックですね。。」って言ったら死んだ人は生き返るわけじゃない。
何かされた人間の心が癒えるわけじゃない。

細かい事件の詳細を告げたところで、心配するのは同じ境遇の人間であり、警察の警備は変わらないまま。
その地域で誰かが殺されなければ、地元の警察は動かない。
頭の悪い日本人の悪いところ。

しかし、犯罪を犯すものはその地域だけにいるわけじゃない。
全国各地、どこにいるかなんかわからないのに。

視聴率を得るために殺人報道をするならやめるべき。
メディア側は別の目的がある、というかもしれない。でもそんなの、視聴率を得るためといわないがための言い訳にしか聞こえないと思う。

スポンサーサイト

コメント

NHKニュースと他の民放のニュースを比べてみたら、どれだけ数字とるために行き過ぎた報道がされているかがよく分かるよね。
逆に、何で行き過ぎている報道が数字を取れるのか、という方向からアプローチしてみるのもいいかも?

どるさん>NHKのニュースってあまり見ないのでわからないですねぇ。
今度見てみます。

確かにそういう方向から見れば知りたい人がいるって事になるんですよねぇ。
でもそれはただの野次馬根性なような。
今回の栃木の事件は、メディアがあの子を殺したんじゃないか、と俺は思いました。
もし広島の事件の報道が無ければあの子は今も元気に笑ってたかもしれない。

犯人が確かに悪い。だけど、犯人を触発した方に全く非が無いのだろうかと。ちょっと考えたりしてしまいました。
悲しいですね…。

あたしも模倣犯チックだなっておもったよ。
其の事件の犯人を捜すにはメディア効果を使うのが一番手っ取り早いとは思うけど、あそこまで執拗にやられたんじゃ触発されない人間はいてもおかしくないよね。

遺族の方の気持ちとか考えると時々やりきれなくなってチャンネル回しちゃうときもあるし。

いる>今回の事件は特にねぇ。限度ってのが無い気がしますよね。
もうニュースなんか中途半端なタレント気分でやるくらいならNHKに全部まかせりゃいいのに。
と強気で発言してみる

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/225-cc5e2853

制服の汗とDNA一致 広島女児殺害

広島市安芸区で下校途中の小学一年木下あいりちゃん(7つ)が殺害された事件で、女児の衣服から微量の汗が検出され、DNA鑑定の結果、逮捕されたペルー人フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ容疑者(30)のものと一致したことが一日、広島県警海田署捜査本部の調べで分かっ

  • [2005/12/03 00:20]
  • URL |
  • 不細工な不ログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。