スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいんじゃないの~ 

試行錯誤を繰り返し、昔やってたイメージを絵に描いてみるという方法を。
なかなか具体的になってきた。

鍵盤を離れギターを手にもちあまり使わないコード進行からアルペジオを作り出す。

作れる感じになってきた。



アコースティックギターの音色はどこですかOrz
うぉぉぉぉ・゜・(PД`q。)・゜・

で、悩んでおります。
SSWで作ってWAVに…と思ったらテンポデータなんか組み込めるわけなく。
全部をSSWで作るしかないのか。
と考えたが、ここまでFL使いこなせてきたのにもったいない。

生録音しようにもギターが音悪いのでいやな雰囲気になってしまった。


悩んでおります。

サンプラーを買うか。
フリーのVSTiを探すかですね。
とりあえずフリーを探してみます。
好調になってきたかも?

音楽は最高ですね(*´∀`*)

--------
ここからFLネタ。

今日数十分ほど調べたところ。
リテール版、BOX版といわれている日本で販売されているFLSTUDIOですが。
それを購入した人も調べた結果どうやら生涯アップデートの権限を手に入れることができるようです。
FLSTUDIOのサイト自体は英語なので全部きちんと読めたわけでは無いですが…。

そんでもってクレジットカードの件。
PAYPALってのがありまして、詳しく調べてないですが外国への振込みができるシステムのようです。
FLSTUDIOの会社はこのPAYPALの利用を許可しているためクレジットカードが無くても権限を購入することが可能。

そして気になるそのお値段。
29$な模様。日本円に直して大体3000円程度ですね。
超お得じゃないっすか?もうすぐFLSTUDIO6が発売開始されますけど、6にアップデートするのもタダみたいですよ。
別のDAWソフトといえば、アップデートが有料なのは当たり前。しかも値段も数万円と手軽では無い。
FLSTUDIOはなんて貧乏に優しいのだ・゜・(PД`q。)・゜・

マァ…まだ確定したわけではありませんが、可能性としては7割権限を買うことができますね。
後の問題と言えば…、英語が苦手だから英語サイトで買うのは無理だよ~と言う人ですが。
それはもう…。
俺も苦手なんですが、なんとか気合と根性でクリアしてください。
FL6を買うためにまた数万円だすか、それとも少々の英語の翻訳に数時間割いてみるか。
どっちを選ぶかはアナタ次第ですよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/241-59ec9a4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。