スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権 その2 

PIZZA OF DEATH RECORDS
Yahooで「ピザオブデス」って検索すればでてきます。
リンクについての表記が見つからないし、話題が話題ですので調べるのは自分でおねげします。


たぶん前回書いた問題の被害者にあたるバンドが所属してるレーベルだと思います。(よくわかってないので間違ってたらごめんなさい。
TOPはいってお知らせのところにレーベル側の意見が書かれてあります。

詳しくは上記の記事を読んでください。


著作権に二種類あるのは知らなかったです。
でもたしかに、極端な話し自分が作った曲が卑劣な内容の番組やら殺人を促すような番組とか、俺が嫌うものに無断で使われてたら俺も嫌ですわ。

今回、お金の面で著作権を侵害されたわけじゃ無いようです。
管理しているJASRACがそっちの著作権の管理はしてあるそうなので。

人格権があるんですね。
そっちが侵害された模様。
これが自分だったらと考える。ドラマに使われてたら俺はうれしいですね。前回の記事で書いたように。
もともとはバンドマンだったんですが、今はインスト曲中心なのでBGMとして使っていただけるのは嬉しい限りです。
バンドの時はそんなこと考えてなかったのでわかりませんが、彼らとしてはバンドの活動方針に反しているようで憤りを感じているとのこと。

著作権にも二種類あるということは勉強になりましたし、前回の軽はずみな発言も謝罪します。

考え方は著作者それぞれなため、人格権が規制するものが変わってくるんですね。
カラオケも着メロも著作者それぞれ、実際イヤなものなのかもしれませんね。イヤと感じた時点で権利を害したことになってしまうのですが、そんなこと関係ないように広まってる。

一声かけることだけで問題が解消されるわけですね。イヤならイヤっていえるんだし。
「え?それだけでいいの?ならしなくてもいいじゃん」
みたいな人もいるかもしれないけどそれは間違ってますよね。
具体的にはうまく文章で表現できないけど、勝手に使われる事ときちんと一声かけてくれることとの間には越えられない壁がありますよね。

人だからこそです。
コミュニケーションは大切ですな。


放送局側のありかたが今回の件でよくわかりました。
イヤな意味でじゃないですよ。あっちにしてみれば作曲者の事を考えずに曲を使うのは当たり前だったんですね。
こう書くとイヤな風に聞こえますけど…。なんというか、悪意は本当に無かったわけです。
ファンの方々の怒りもわかります。俺だって好きなアーティストの曲が使って欲しくないモノで曲を使われていればあまりいい気分では無いですし。
悪意が無かった事だけはわかってあげて欲しいです。

こうなったのはたぶん。TVなどのメディアにバンドや一般アーティストの曲を使うことが多くなってきたからだと思います。
元々TVのために曲を書いている人はこういう事をあまり気にしないんでしょうね。
よくドラマの曲やら映画の曲やらがバラエティとかでちょいっと使われてたりしますもんね。
実際は反してるのかもしれないけど、活動方針上の問題が無いんでしょう。
やはり、TVで使うならそれを目的として活動している人に頼むべきですね。創ってもらうなり使うなり。


難しい問題ですが、今後メディア側が考えを改めてくれればいいと思います。


あんま堅苦しい文章書くと、誤字がありそうでちょっと怖いですね( ´Д`)y-~~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/308-f7449486

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。