スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困の中、音楽だけが農民の楽しみだった時代 

貧困の中、音楽だけが農民の楽しみだった時代

そんな時代があったのはご存知でしょうか。
もちろん唯一音楽だけって言うのは言いすぎかもしれませんが。


作ったことの無い曲を作りました。
アイデアが浮かぶ時は本当にポンポンとでてくるものですね。

込めた思いは楽器の歴史。
楽器って進化してるらしいですね。現在の形になったのはそりゃ数百年前でも、楽器自体が誕生したのは西暦前だったりとか…すごいっすよね。

舞台は遥か昔のヨーロッパ。
一つの楽器が長い年月を経て進化していき、とある時代の少年の手に握られた時。
貧困の中、食べるものも無く遊ぶ事なんてできなかった。
夜、小さな火が灯った小さな少年の家で、母親はボロボロの布を縫い合わせ服を作り、父親は農具の手入れをする。
そんな二人を元気づけようを少年は優しい音でその楽器を奏でる。
苦しい生活の中にあるそういう幸せ。
小さな幸せを描いた曲。

どんな願いでも叶えられるのならなら少年は何を願うんだろうか。
なんて、思ったり。

いやーしかし。
まじで、こんな曲作れるとは思ってなかった。
いつ思ってなかったかってのは昨日の夜。
できるわけねぇ(;´Д`) って思ってました。

ネットで音源を探ったり、今日もCD探してきたり。
以前友達にもらった音源をまさぐったり…。
丸々一日試行錯誤を繰り返し、なぜかピンと来たのが夜12時ごろ。

出来上がったのが3時ごろ。
細かいとこいじりきれてないのであれですが、つくり切るんじゃなくて今回は主旋律を沢山作ってボスと月夜さんとそれを煮詰めていくってことなので、とりあえずここで終了。

次はどんなのができるんだろう。

思い浮かべばいいけれど、浮かばなかったらいつまでもできない。
これが怖いんだよね(´・ω・`)

思い浮かばない時は沢山曲聴いて沢山弾いてみる。
これしかないっす。

今日はもう風呂入って、ゆっくり寝ます。

おやすみなさい。

スポンサーサイト

コメント

あれだな、上の日記でなんか天狗とか言ってるけど
自分の成果を自分で絶賛するっていうことはたまには必要な行為だと思うぞ
そんくらい蓮にとって心地いい音ができたんだろ?(・∀・)

(・∀・)
(・∀・)

くさいくさい。

いる>それは臭さ20%くらいだからアウト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/335-d9496334

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。