スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の曲を認めるってのは 

他人の曲を認めるってのは勇気がいる事だと思うんですよね。

以前バンドをやってた時は、本当にいい曲だと思っていても同じ戦場で戦ってる相手の曲を認めるのは心のどこかでひっかかってるものがありました。

地域やバンドの種類にもよると思うんですが、そういうのも珍しくないと思います。
逆にどんなバンドでも仲良くお互いを認めあえるような場所もあるんですけど。

俺は運が悪かったのかなぁ。
それとも必死すぎたのか。

自分に余裕がもてないと人を褒める事も難しいんじゃないかと思うんですよ。
丸まってるって言えばそうかもしれんが、俺はまだ考えが子供だったんだと思って。


その立場から言えば、かざぐるまを脱退して別の作曲者が入った事を認められてるのでちょっとは成長したのかとか思ったり。
つっても俺とは比にならんくらいすごいんで、比べる事すらできてないんですけど('ω`;)

テーマソング早く聞いてみたいなぁ。
コメントから安らげる曲だとか。

攻撃的な大地の鼓動風の俺が作ったのとは間逆っぽいです。
紫陽さん、ゆったりした曲がほしいって言ってたもんなぁ。

まだまだ半人前か。

WALKさんに加えてもらえるって話出てて、入る気まんまんだったんだけど。
ちょっと不安なんですよね。

自分が好きな曲が作れたらそれでいいって前は思ってたけど。

実際の本当のところが気になってしまう。

俺は作曲者としてどうなのか。


まぁウンコだとかクソだとか言われてもヤメる気なんてまったくありませんけどね( ゚∀゚)アハハ


そして今日も鍵盤をたたく。

25鍵盤じゃなくてせめて49買うんだったわ。
数が悪いから49は嫌だとか意味不明な感情を抱くんじゃなかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/403-b995d20d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。