スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖から落ちた日 

今日は派遣のバイトいってきました。
内容は知らされずいった場所は山奥の崖崖崖

落ちてすべって大変でした。
8~19時の予定だったけど途中で別の派遣社員が足を捻ってしまい急遽帰ることに…病院にてアキレス腱切断とのことOrz
かわいそうに(´・ω・`)

山は嫌いです。虫はいるしね。
蚊かゆひ。
自分を木の枝に見せかける変な虫とか、岩の上を這うなって思いました。俺の眼中に来るな虫よ。


そしてこれきた。
二日前の話題。
ひさびさのカラオケ。
歌ったのはヴィジュアル系。
やっべYOMI君かっこよくなりすぎ(´¬`*)
最近見てなかったけどやっぱこの人は俺の理想です(-人-)

いつもの金髪ロンゲ君とカラオケにいったのですが、一曲目ガゼット「幸せな日々」声でず。二曲目バンプ「グングニル」感覚もどり、3曲目えれがんと(?)「モンスター」復活(`ω´)4曲目ディル「RED...」よしきたって感じ。
結果前よりうまくなってたっぽいのでよかった。
そんなに歌は歌ってなかったけど音感がついたんだと思うかな。
自分で音程とれてるってのがわかったし、あとはアドバイスにより息を吸う方法をちょっと改善。

ん~。なかなかすっきりした。

そんでDTM用の雑誌から連載記事が抜かれた書籍が出てたので購入、内容はエフェクターについてまとめられているもの。
エフェクターって自分で軽々しく使ってるけどそういや普通の人はわからない単語なんだったって実感。
まぁ音に変化を加えるものです。
とまぁ、そんなのは置いといて、それによりEQやコンプレッサーの使い方を勉強して羽根-tsubasa-をかっこよくしようと必死であります。
どうしてもこれだけはOrz

某音楽(MP3)配布サイトで自分の曲を登録していたのでやっと完了したのですが、ただMIDIを音源通して変換しただけのやつだったのだOrz
はやく修正したいな(´・ω・`)

スポンサーサイト

コメント

カラオケ行きたいよ~ |ω・)
お金ないけどね('A`)

美咲>おまえにはカラオケより崖から落ちるアトラクションをお勧めするわ'`,、(´∀`*) '`,、

連さん、はじめまして。
私のサイトに来ていただいてありがとうございます。萌心伝心の神風 颯です。

羽根-tsubasa-の方も聴かせて頂きました。
記事を色々読ませて頂いて、音楽に対する情熱の強さに惹かれました。

私は、楽器は全然無理なので、一応DTMもどきっぽい事をしばしやっているのですが、なかなか上手くいきませんね。

さて、連さんの困られている?事後の処理EQ等ですが、
私も、色々雑誌や参考資料を読みましたが、相当奥が深いようです。
そして、機材や音楽的な方面の知識だけでなく、場合によっては数学や
物理の面からのアプローチも必要かと思います。

私は大学で学んだ訳ではないので、あまり、詳しい事は解らないのですが、
フィルタリングと言うものの多くはフーリエ変換によって、
波形をスペクトル(スペクトラム)に変換し、そのスペクトルの一部を増やしたり減らしたり、
移動させたりするものです。

スペクトルと言うのはある音の中にどういった周波数成分が含まれているかを棒線で表したものです。
(簡単に言えばですが...)
で、知っての通りイコライザはこの周波数成分の一部を強調あるいは抑制をするものです。
ローパス、ハイパスと言う言葉は最近は一般の方でも知っていますね。
他にもノッチやバンドパスなんていう種類があります。

例えば、J-POPと言うのは殆どがボーカルメインで、
低音が引き立てにしかなっていません。
低音が力強く響くとまた違った音楽が生まれます。

逆にユーロやトランスなどの電子音は高音を強調する事で、
更によくなります。

私の周りの方は、あんまり気にしていない方が多いようなのですがw
もっぱら、私はPCで聴くので、ソフトにはイコライザが付いています。
加えて、PCのスピーカは音割れが酷いです。
なので、YAMAHAやローランドのスピーカーで低音高音を調整して聴いています。

他の代表的な機材を簡単に言えば...
[エフェクター](リバーブ、コーラス、エコー、ディレイ、モジュレーション等)
これは一番重要だと思います。
これの掛け具合によって音が本物に近づくかが決まると言っても過言ではないです。

[サンプラー]
これは知っての通り、音をサンプリングして音源として使えるものですね。
リアルなサウンドを求めるなら、サンプリングは必須だと言えます。

[シーケンサ]
自動演奏機でしょうか...最近はオールインワンの凄いのが出てます。

[リズムマシン]
一人練習なんかに使うものですね。場合によってはコードを指定し作曲に役立てるアイテムにもなりますね。

[MTR]
マルチトラックレコーダーですね。
まあ、最終的なものです。

[コンデンサマイク]
コンデンサを利用したほぼノイズの無いマイク。
楽器の生の音を録ったり、プロのボーカリストがレコに使うものです。

[音源]
そのまんま。音の塊。と言うか厳密にはデータ信号の塊。

等でしょうかね?
基本的に機材は高いです。
オールインワンだと使い方も難しいです。

音は環境依存なので、ある程度は、仕方のない事です。
目安を言えば、MDで、音量上げ下げしてもまともに聴こえれば良いと思います。
MDは、可聴域外の音を削っていますし、データの圧縮によっては、可聴域の音も削ったり、他にも縦横無尽に圧縮してるんで音はヤバイです。LPだと終わってますが...。

色々、ネットミュージシャンの方の曲を聴かせて頂いてるのですが、
音源や機材だけで、音の良し悪しが決まる訳ではないと。
むしろ、PCと標準のGMだけでも十分凄いものを作れる人もいます。
昔は、今の様にPCでのDTMと言うのは簡単では無かったようです。
数値や記号を打ち込むMMLと言うのが基本で、HDの容量等も少なかったので
MIDIが主流でした。今はWAVEやMP3,WMA,OGGetc.
なんかが主流ですが。

MIDIの弱点は、音が機械的な事と環境依存型である事、人間の声が使えない等です。
これは、技術さえ持っていればある程度解決は出来ます。

自分らしい音楽を作るには?
やはり、音楽の原点を学んだり、楽典を読む事や新しい調(Key)
やリズムパターン、バッキングパターンを生み出す事ですね。
メロディはコードと密接な関係にありますから、調が変われば自然に曲も変わります。

最近の曲のジャンルはクラシックやバロックの派生らしいですね。
聴いた事はありませんが、フォスターと言う方は僅か3つのコード
(T,SD,D)のみで素晴しい名曲を沢山書いたそうです。

私も、つい最近までは、メロディこそが全て!!とか思ってましたが...
色々と試行錯誤していくと、それは全くの間違いだった様です。

コードが主体となってそこにその内音やテンション等のメロディが付き、
リズムが付いていると言う感じでしょうか?
作曲と一言に言えどこんなに奥の深いものだったんだと感じました。
そして、何故、学校でクラシックを中心に授業するのかも少し解りました。

長々と拙い文章ですみません。
浅学経験不足な私が言えた事では、ありませんね。すみません。

最後に、どんな事でも大事なのは

楽しんでやる事
感情を込める事
諦めない事
考える事
誰かに伝えたいと言う思いを持つ事
だと思います。

私の座右の銘に1000の失敗は1の奇跡の糧となるとありますが
まさにその通りじゃないかと。
失敗に比べて成功の数なんて知れている。でも、その一握にも満たない
成功を求めて努力を続ける事が大切なんではないかなと。

お互い頑張りましょう。
良ければまた、私のサイトにも来て下さいね。
私も時々こちらにお邪魔しに来ますからw^_^w

追記ですが、エフェクターとかはソフトでも十分出来ますよ。
機材を買う前にソフトで練習するのも良いと思いますよ。
一つ紹介しておきますね。

Sound Engine Free [http://www.cycleof5th.com/]

神風 颯さん>ありがとうございます。
いついったのか考えてましたw
たぶん音楽関係のブログをぐるぐる回ってるときにお邪魔したのかな。

EQについてですがいろいろありがとうございます。ややこしいですねぇ。まだ読んでる雑誌もEQまでいってないのでまだ何もしらないじょうたいです(汗

現在GM音源なのでまぁ変えてもいいかなぁって感じですよ。実際GSやXGを体験したわけでもないので焦る必要も無いかって感じでとりあえずはソフトを使いこなせるようになって頭の中のものを曲で完全に再現できるようになってからって思っているので。

メロディ中心ってことに関しては、もちろんコードを捨てたわけでもなく、世の中に出回っている曲を聴く際にはコード進行を主に聞きます。理由は一つ、メロディは自然に入ってきますし真似してもしかたないですからねw
進行について(T,SD,D)でぐるぐるローテってのはたしかビートルズも使っていましたね。なんだっけかな、レットイットビーだっけ?ちょっと曖昧な記憶ですが(汗
彼らはその曲で何を表現したかったのか、どういう音楽がやりたかったのか。彼らにはコードを複雑にすることもできたのに何故こういう3コードの循環なのか。
同じくディルアングレイの曲にもそういう曲があります。名前忘れたんですけど;曲名覚えるの苦手なんで('ω`;)
彼らにとってその作品を出した時期は割りと複雑なコード進行が多かったと思います。でもその曲は単調といっていいほど単調。
これが最低ラインです。

メロディのみを見ているわけでもなくコードを捨てたわけでもありません。もちろんリズムは常にいろいろ体で覚えて吸収してますし、その他の楽器について雑誌やネットで記事を読んで使い方や変わった奏法などの勉強もしています。
ただメロディを主体に考えている。っというだけですのでご安心をw

結局はすべて大事だけど、どこを中心にするかはその人次第じゃないかなって思います。かっこいいリズムをもった曲、多彩なコードの音色をもった曲。多くの楽器が共存し合っている曲。
俺はすべてやってみたいとも思いますし、それは音楽をしている者として「こういう曲やってみたいな」って思うのは一生収まらない感情なんじゃないかなって思います。創作意欲とも言えるし単なる憧れともいえますがそういう意欲が無くなったらダメなんじゃないかなって、悪魔でも俺はアマチュアですし、DTMも始めて間もない未熟ものなので人の曲を聞いて「これだめじゃん」って思うことは今のところまったく無いですね。どこかにいい要素が隠れていてそこに圧倒されます。どうやったらこういう表現ができるんだって感じます。

俺にとってはそういうのが楽しいところかな。自分ができなかった表現をできるようになること、人が使っていた表現を吸収していけること、あぁもちろん真似って意味じゃないですよ。いいところは吸収して自分なりに使うって意味で。

1000の失敗は1の奇跡の糧となる
いい言葉ですね。俺はめちゃくちゃ失敗します。でも妥協しないってのが目標なのでこういう言葉はぴったりって感じですw
失敗して覚えてやり直して~ってやっているときっといい曲がうまれるんでしょうねw

エフェクターの方DLしていじってみますw使ってるDAWソフトと併用して使えるのか謎ですがちょっと勉強してみますねw

またこちらからも行かせていただきます。いろいろありがとうございました(ノ´ω`*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/41-5dd42be9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。