スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新情報とか 

Webは相変わらず更新停止中。
ブログの更新情報です。


左サイドバーのプロフィール欄更新しました。

楽曲公開をしていないのにWeb拍手がくるのでありがたいのですが、気乗りしないので撤去しました。Web再開とともに再設置します。

ランキングに参加しました。
以前からしてたのですが面倒だと思い設置してませんでした。
大学生の個人ブログとかも結構参加してるみたいなので軽い気持ちで再設置。
ヒマな時にぽちっとクリック応援よろしくお願いします。


活動状況。
相変わらずAVGの主題歌で詰まってます。
そこで過去のDTMマガジンやヲノサトルさんの本読んだりしてました。
なんかすごいこと発見しちゃったんです。
たぶん当たり前の事なんですが忘れてた事。
すごい平凡なメロディに和音が乗るだけで音楽ができるということ。

びっくりしました。
メロだけ聞いたら「なんじゃこれ」って感じなのに和音が重なるだけでもうプロ並(ってプロなんだけど)。
これがコード進行とコードボイジングのすごさなんだって実感。

いつも和音をささっと書いちゃって作っていく上で変更してるから和音+メロだけで聞く事って少なかったんです。
結構当たり前の事って忘れちゃうもんなんですねぇ…

おかげでまた一つ楽になりました。
なんとかメロ書いてます。といってもまだまだ先が見えてませんけど。


んで疲れてベッドでごろごろしてたら寝ちゃってて今おきました。
DTMマガジン読んでて小谷野謙一先生の音楽データをDVDから毎回立ち上げるの面倒だし、せっかくHD増築したので全部移すことに。
移し終えた後に古いやつ起動したらなぜか読み込んでも音がならん…

小谷野先生はSONAR3で保存していて最近のDTMnも古いやつも同じなのですがなぜだ。
付属エフェクトとか使ってるから?
SONARの画面の見方すらわかってないのでさっぱりです。
古いやつは諦めました。オーディオデータはあるのですが、またDVDをドライブに入れて取り出すのが面倒で('ω`)また今度に…。

持ってる人しかわらかんのですが2006年3月号の収録曲が超好きです。

小谷野先生の特集はBGMで使えそうなAmbient風の曲を取り扱っているので俺にはぴったりすぎる企画。
使用してある機材はSpectrasonics製の定番3作品がメインっぽいです。これらはAtomとTrilogyは高いですけど、Stylusはお手ごろですし。
彼は最近GURUにはまっているらしくこれもお手ごろ価格。
今回はRaptureを使ってました。後はZ3ta+とかも。

使ってる機材を出してくれてるってのは安心感が沸きますね。どうやって作ってんの!って発狂しなくていいし。

音像の解説もトラック毎に分けて雑誌の方で解説してあるのでこれもミキシングの参考になってよいです。

DTMマガジン自体がなんか微妙な雑誌になってきつつありますが('ω`)
この記事は個人的にオススメです。

DTMマガジン、最近映像関係が増えてきたりわけわからんボイス特集だったりちょっと路線が危ういですよね。
まぁ俺は彼の記事がある以上どうなろうと買うんですけどね。

先月号で廃止になってたスパテクもユーザー側の声が強かったのか無事復活。
助かりました。MoonRayで使ってるドラム素材はスパテクから取ってます。正直雑誌付属のフリーだと馬鹿にできない…。

もうすぐ今月の給料日です(´¬`*)
滞納してとめられかけてた携帯代払ってきました。
給料はGURUorStylusとRG2Lに使おうと思ってます。
Stylusは重いのでメモリ代が浮いたら…。たぶんGURUにします。ACIDがうまく動作してくれないので…。
はじめからGURU買ってた方がよかったのかなぁ、付属のサンプルがクソだとかかかれてたの読んじゃったの失敗だった。

最近キレのあるサウンドより重みのあるしっかりしたサウンドが好みになってきてます。
サンプラーで言うならHalionよりKONTAKT的な(何
Atomosphereが手に入るのが待ち遠しいです(´¬`*)


んじゃそろそろ寝ます。
最近ポップ漬け。アレンジ考えるのにはやっぱ聞く、コピるのが一番ですね。
おやすみなせ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/426-ade70a00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。