スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使命感? 

最近不眠症のような感じになってます。
寝るには寝るんだけどすぐ起きる。暑いのもあるんだろうけど。

数日前CD用に作っていた楽曲の修正が完了して友人(A)にメールで送ったんです。
次の日の朝「感動して泣いた。ありがとう」ってすごい短いメールが届いてました。
いつもなら笑って「そりゃよかったw」って返すだろうけど、何相手の文面が何かいつもと雰囲気が違ったからできなかった。

その翌日、別の友人(B)が貸してた楽譜を返しにきて、友人(A)が一週間ほど前、約4年間つきあって来た彼女と別れたのを聞きました。
それをBに相談してきたんだって。
「なんかわからんけど、悲しくない。すごい好きだったけど悲しくないし。イライラもせん。情けないのに泣けもせん」って言ってたって。

昔からAは負けず嫌いなとこがあって強い人でした。
映画見ても感動しないし、あの有名な少女が兵器にされて~って言う泣ける漫画でも泣かなかったし。
「別にwまぁおもしろかったけどねw」みたいな反応しかしないやつだった。

そいつが俺の曲で泣いたっていってた。
BはAから俺の曲の事を聞いていた。そして「その曲俺にも聞かせてくれよw」って言ってきたけど、適当に断った。
Aの心の中の何かをばらしてしまうような気がしたって言うのも少しだけあるけど。それ以前に、俺自信が納得しきれてない曲だったから。

不完全な曲だとAも感じたかもしれない。
曲の中にある曖昧さが自分の曖昧さと重なったのかもしれない。
とか考えたり

泣かせた事はよかったのか悪かったのか。
泣きたいけど泣けないって気持ちがあったんだろうか。
いやなことを思い出させたのかもしれない。
忘れようとしてたのかもしれない。
俺自身も失恋してすごく辛い思いをしたことがあるから彼の気持ちもわからんでもない。

長い間一緒に暮らした相手がいなくなると、家に帰った時一人なのを実感したら涙があふれてきたり。
もう一度でいいから声が聞きたいとか顔が見たいとか思ったり。

Aは彼女と一緒にいすぎてそれがどういうものかわからなくなってたんじゃないかと思う。

理由はしらない。
彼も彼女も仕事で忙しかったってのもあるかもしれない。今年二人は専門学校と短大を卒業して社会人になった年だし。
でも、彼女の方が昔から怠けだったのは知ってる。なんたって俺の中学の同級生なもんで。。
専業主婦になろう的な人だった。専業主婦が悪いわけじゃないけど、働くのが嫌いだったって意味でそういう人だった。
もしかしたら、Aが就職したら「自分は働かなくていい」と思ってたのかもしれない。
まあ、人の悪口なんか好きじゃないのでこの辺で。
理由なんて本人たちしか知らないんだしね。。。


そんなこんなで。Aは傷心中だったのです。

ピアノのメロディが胸に響いたようです。


たしか、昔MIDIで「ヤサシイ街」を作った時に月夜さんに「軽く泣きそうになりました」ってコメントしていただいた事がありました。
あの時「もっとがんばろう」って思いまして
こんな不完全な曲なのに…もっとがんばらなきゃいかん。ってのが本音。
実際あの曲は中途半端だったのは承知の上だったんです。いろいろあったんで。その辺は過去日記参照です。


まぁ、Aがどういう気持ちで泣いたのか俺にはわかりません。
イヤな事を思い出させてしまってしがらみから解放されたくて泣いたのか。もしくは、もう一度やり直したくて泣いたのか。

ただ俺は彼と、Bがその事実を教えてくれた事で成長のきっかけをもらった気がするんです。

泣いてばかりだった俺が泣く場所を与えてあげられるんなら、もっとがんばってみるかって。
泣きたくても泣けない人がこんなに身近にいたんだって。

俺はすぐ泣くのでAの気持ちはあんまりわかりません。

なんか大学生って複雑ですねぇ。
高校生と違って心変わりが少ないみたい。
まぁ高校も一途なやつは一途ですけどw

長い長い恋愛が終わっていく。
これで何人目だろう。

幸せになりたいから恋してるのに
寂しくならないように恋してるのに

最後は恋してる間感じなかった寂しさや辛さが全部一気に降り注いできて潰れそうになるんだ。

人は失恋して強くなるんだって友達に聞かされた事とか思い出したりした。
泣き出すといつまでも涙が止まらないのは知ってるし、何もやる気が起きなくなるのも知ってる。
死んでしまおうかって思ってしまうことも知ってる。
何度も死んでやるって思った。

辛いときは悲しい曲を聴くのがいいんだ。
俺の経験でもあり、とある人の言葉でもある。


――誰かに話したくないなら悲しい音楽を聴いて一緒に泣けばいい。そいつは嘘をつかないし、自分よりきっと辛い思いをしている。
何度再生してもそんな悲しいメロディしか歌えないなんてかわいそうだろ。
だから一緒に泣いてやるんだ。お前の悲しみをその曲と一緒に乗せて一緒に泣いてやれ――。


中学時代に失恋して聞いたのは鈴木亜美のなんとかなんとか(わすれた)。


――俺の曲のために泣いてくれ。
便乗でもいい。お前の悲しみを被せてくれてもいい。
俺の曲のために泣いてくれ。
決してお前のために書いた曲じゃないが、一緒に泣いてやってくれ――。


なんであの時ああ言わなかったのかって後悔するくらいなら、ぐちゃぐちゃな汚い言葉ででも相手に気持ちを伝えた方がいいと思うんですよ。
言わないで後悔するより言っちまって後悔する方がいいと思うんですよ。


俺は勇気を与える人になりたいな。
思いっきり泣いて元気になって欲しい。
やる気を起こさせてあげたい。
精一杯生きていって欲しい。


そんなこんなで少しでも目が覚めたら。
「あぁ、作らなきゃ」って思ってしまう毎日です。

そんで一曲できたっぽいです。
まだ全体の基盤だけですけどね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/494-02298be5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。