スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今晩は祭るので先に日記を。 

061102toxic.jpg

ToxicⅢってVSTiなんですが、Image-Lineの製品らしくFLのサイトにあったのでDLしてみました。
もちろんDEMO版を。
普通に機能してて雑音が入るとかそういう、DEMOの制限がわからなかったのでFLスレで聞いてみたところ「音色が保存できないらしい」とのこと。
しかし、FLの機能の一つとしてプリセットをFLからの命令?で呼び出せる方法があるのですがその方法で保存してみたらあっさり保存完了。
ってことはデモ版の制限が無くなったわけで…(;´Д`)?
99$の製品がタダで手にはいったようなもんです。その上俺はあまり音作りをしないので初めから制限なんかなかったも同然なんですけど。
まぁ作りもわかりやすくてOSCが6つもついてておもしろそうなのでこれをメインに音の作り方を勉強しようかと思います。
結構太い音も幻想的なPAD音もでるので気に入ってます。


MIDIのエクスプレッション?ってのがあるんですが。音量を調整して抑揚をつける命令らしいんです。
俺はFLに変える前はSSWを使ってたのでなんとなく知ってはいるのですが、この機能がFLには無いんです。
そこでチャンネルのVolをエクスプレッションにみたてていじってみることに。
あっさりできました。あまりシンセ系の音色では必要ないかもしれないけど生音でこれをうまく使ってやると抑揚がついてすごいいい感じです。
俺はストリングスをよく使うのでもっと本物を勉強して本物に近づけるように努力しようと思います。
現在製作中の次の曲では試験的に偽エクスプレッション多様しています。
たぶん高機能なDAWならクレッシェンドとか命令出すの簡単なんだろうなーと思うとちょっと悲しくなりますけどね。
壁にぶつかりながらエスニックオーケストラを作成中です。もちろん似非ですけどね。


061102ger.jpg

George winstonきました。
まだ聞いてないです。
聞いたら感想を書くかも、いや書かないかも。

明日から四連休です。
学祭とかあります。
んじゃこの辺で。

スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
FLですが、midiのエクスプレッションもできますよ。MIDI OUTを使って音源側が対応していれば一通りのmidiメッセージはコントロールできます。この辺りは他のDAWと変わりませんし、Dashboadを使えば外部音源でもVSTiでも、それ専用のコントローラーを作る事ができます。

FLは高機能なDAWだと思いますよ(笑)。ある方はNuendo以上だと言ってました。ある意味それは当たってるかなと・・・。

ToxicⅢ、使えちゃいますねぇ(笑)。image-lineの製品は総じてデモ版の制限が甘いんですよね。多分ノイズとか入れないのは会社のポリシーで、それでも(それだからこそ?)買わせる自信があるんでしょうね。

yoshizukiさん>

あぁそうか。MIDI OUTを使えばいいんっすね(;´Д`)
ピアノロールの下の枠で使えなかったからてっきり。
今やってみたらできました!ピアノロールにも送れるんですねw
これは便利wありがとうございます(ノ´ω`*)

Nuendo以上っすかぁw
たしかに、FL使いにとってはFL以上のDAWは無いかもしれませんね。他のDAWと比べれない部分が沢山あるし。何よりも俺は操作の手軽さに惚れてます。

ToxicⅢ、FLでは音色の保存ができちゃうけどどうしても他のDAWで使いたいって人は買っちゃうかもしれませんねぇ。
価格安いのになかなか太くていい音が出てはまってます。
FLのアップデート権にしてもですが何かと太っ腹ですね。Image-Line大丈夫なんっすかねw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/556-ebb69d5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。