スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別離 

意識朦朧。
現実には留まらず、過去と未来を行ったりきたり。

居場所を失った。
今がつまらん。

イライラしてるのがどこ向いてるのかは誰もわからないと思うけど。
おもしろくないことが山積み。
俺みたいな奴はどこにでも転がってるよ。

自由になりたい。
何も考えなくていいように。
お腹も空かなくて体も汚れなくて。
どんなに走っても疲れない体。
年もとらないままでずっとこのままでいられるなら何も考えなくてもいいのに。

焦らなくてもいいのに。
ずっと幸せでいられるのに。

高校に入る前に初恋だった子に言われた言葉。
まっすぐに受け止められなかった自分。

最近携帯の鳴る音が怖くてサイレントモード。

誰から何の連絡なのか怖くて見れない。
そろそろ連絡が来る頃だってわかってる。
きっと件名見て察したら削除するんだろうななんて思ったり。



月の下で彼女は泣いた
しばらくすると不思議な色の蝶が飛んできた
その蝶はまるで踊っているように美しく舞っていた
彼女もそれに合わせて踊った
もう戻ってこない愛する人への想いを込めて
その蝶が彼だということも知らずに
今宵は月の光が消える日だった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/563-bc80798f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。