スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何か言いたい 

何かいいたい。
伝えたいのに
携帯を握るとそんな勇気どこにも無いことに気づいて
手を下ろす。

また泣いてばかりの日に戻ってしまうんだろうか
俺はまた捨てられて、泣くこと以外できなくなってしまうんだろうか

好きで好きで
例えようが無いくらい好きで
守ってもらおうなんて思わなかった
ただ守ってあげたかった

俺にはそんな力さえ無かったらしい
どうせ俺はその程度
生きている価値も無いほどの人間

その日までにすべてのけじめがつけられると思ってたのに
それも叶わないで終わっちゃうんかな…

もし、今日何も変わらなかったら終わりにしよう
すべてを

俺がいなくなればいい
きっとそれが一番いいんだ

俺は弱くて
泣いてる時助けて欲しいと思ってた
助けてくれたのはたった一人だった
手を握ってくれたわけでもないし、抱きしめてくれたわけでもない
言葉だけで
俺を救ってくれた


なんでこんなことになってしまったのか
俺の日記のせいなのか。それとも別に何かがあったのか

すべてを新しく切り替えられる日が近づいてきて
楽しみだった。
今まで空白だった時間をあいつと埋めればいいと思ってた

それも叶わないまま捨てられた。

臆病で死ぬ勇気なんてない
新しく生きていく自信もない

またこうやって一人泣くだけの日々が続くんだろうか

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akanekoman.blog14.fc2.com/tb.php/7-1c96fcf4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。